SQL Server | UPDATE(更新)の使い方

【注目記事】

・SEの転職体験談 | 受託開発から自社製品開発へ
・SIer勤務のSEがパソナキャリアに相談してみた
・SIer勤務のSEがマイナビエージェントに相談してみた

SQL Serverでデータを更新するために使用するUPDATE文の使い方を紹介します。

基本形

基本的なUPDATE文の利用方法を紹介します。

構文

学生のテストの得点を管理するテーブルを更新します。

使用データ

StudentScoreテーブル

StudentIDNameScore
1山田太郎90

SQL

結果

StudentIDNameScore
1 山田花子 80

SELECT結果で更新する (from select / join)

SELECT結果をもとにテーブルを更新する方法を紹介します。

なお、複数のテーブルを結合(join)して取得した結果をもとに更新する方法もあわせて紹介します。

構文

学生のテストの得点を管理するテーブルを 、別のテーブルのデータを利用して最新化します。

※学生IDが1のレコードのみ更新します

使用データ

StudentScoreテーブル

StudentID Name Score
1 山田花子 80

UpdateScoreテーブル

StudentID Score
150

SQL

結果

StudentIDNameScore
1 山田花子 50

複数の条件で更新する(CASE式の使用)

CASE式を利用することで、複数の条件で更新できます。

構文

テストの点数が80点以上なら合格、それ以下なら不合格とします。

使用データ

StudentScoreテーブル

StudentIDNameScoreResult
1山田太郎90NULL
2鈴木一郎50NULL

SQL

結果

StudentIDNameScoreResult
1山田太郎90合格
2鈴木一郎50不合格

SQLスキルを高めるためのおススメ書籍

SQLのスキルを高めるには、学校の試験勉強と同じように多くの問題を解いてみるのが効率的です。

『スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き! (スッキリシリーズ)』は、SQLの基本的な内容の解説に加え、200問を超える問題が掲載されているので、SQL初心者が学習に使うのにおススメです。

実際、この書籍を新卒1年目の新人さんに2-3週間かけて取組んでもらったことがあり、書籍を読んだ後に簡単なSQLの改修を任せましたが、基本的な部分にはつまずかずに改修を進められました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です