【2020年度版】ドットコムマスター アドバンスのダブルスター取得!学習方法を紹介します

NTT Communications社が実施しているドットコムマスター アドバンスでダブルスターを取得しました!

この記事では試験に向けてどのように勉強をしたのか、また試験を通して何を得られたのかを紹介します。

なぜ受験したのか

所属する会社がネットワーク関連の知識を向上するために資格の取得を推奨(半強制ですが…)しているので受験しました。

ネットワーク関連の資格は他にもIPAの『ネットワークスペシャリスト』や『情報セキュリティマネジメント試験』などがあります。

せっかく資格を取得するなら業務に役立つものがいいので『情報セキュリティマネジメント』はちょっと簡単すぎる。

でも、あまり勉強時間がとれないので『ネットワークスペシャリスト』はきつい。

ということで、難易度がちょうどよさそうなドットコムマスターを受験することにしました。

勉強前の知識

主にWEB・スマホアプリのエンジニアとして5年以上の経験がありますが、ネットワークの知識はほとんどありませんでした。

勉強方法

NTT Communications社の公式テキストで勉強しました。

多くの同僚が本資格を受験しましたが、これ以外で勉強している人はみたことがありませんし、皆さん合格しているので他のテキストで勉強する必要はないと思います。

公式テキストは勉強パート、問題パート、模擬試験(5回分)に分かれており、私は勉強パート・問題パートを3周、模擬試験2回分を1周やりました。

この方法で9割近く取れたのですが、実際の試験に模擬試験とまったく同じ問題が複数出題されていたので、模擬試験を5回分2周くらいやればもっと高得点を取れたなと思います。

なお、勉強パート・問題パートの3周は次の要領で進めました。

  • 1周目 : 6割程度理解するつもりで進める
  • 2周目 : わからないところは調べてすべて理解する
  • 3周目 : 記憶に定着させるつもりで

試験

テストセンターで受験しました。

検定時間は80分ですが60分ほどで終わりました。

試験結果はその場で確認できます。

役に立つのか

業務でネットワーク関連のトラブルがあったときに、勉強した知識が活きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です